■マイルが貯まるANAカードならANA VISA Suicaカードでしょ

Suicaを利用している、という方に注目してほしいANAカードがあります。しかも、マイルも貯まりやすい、といった特徴を持っているカードなんですよ。
そのカードですが、実は、ANA VISA Suicaカードといいます。名前だけでも聞いたことがある、というかたもいるのではありませんか。

今回は、そのANA VISA Suicaカードの特徴について詳しく解説します。

ANA VISA Suicaカードですが、3つの機能が一つに集約されているカードなんです。クレジット機能とマイレージサービス、更にはSuica機能が一つのカードにあるわけです。これだけオトクなカードは他にはない、といったことまでも言われているんです。

さらに、獲得したマイルですが、Suicaに交換することも可能です。10,000マイルと10,000分としてSuicaに移行できるので、Suicaを有効活用したい、という方には欠かせないカードでしょう。

ボーナスマイルにも目を向けなければなりません。入会時には1,000マイルの獲得ができます。さらに、継続時にも1,000マイルの獲得ができるのです。搭乗ごとに区間基本マイレージがプラス10%となっている点も見逃せません。ショッピングでも100円の利用ごとに1マイルの獲得ができるチャンスもあります。Edyのチャージでも1マイルの獲得ができるわけです。

しかもこのカードの素晴らしい点は、マイ・ペイすリボの登録で年会費が951円(税別)にまで減額されることです。要するにリボ払いに登録するわけなので、嫌だなと思う方も多いかもしれません。しかし、このマイ・ペイすリボは毎月の支払額を自由に決められます。つまり、利用した金額を全額その月に返済してしまえば、リボ払い手数料がかかりません。つまり、デメリットなしで年会費の減額メリットだけ受けられるわけです。一般クラスのANAカードの中ではもっとも安い年会費で維持できるので、コストが気になる方にもおすすめのANAカードです。

また、最近話題のApple Payにも登録でき、iPhone経由でオートチャージも可能です。もちろん従来のモバイルSuicaにも対応していて、モバイルSuicaの年会費が無料になります。このようにコストが安いだけでなく利便性も高く、初めてのANAカードとして最適だと思います。

■ANAアメリカン・エキスプレス・カードもANAカードでマイルが貯まる!

ANAカードでマイルが貯まりやすいものは、まだまだあります。アメックスカードの中にも、マイルが貯まりやすいものがあるので注目してくださいね。
今回紹介するのは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードです。では、実際にどんなカードなのでしょうか。確認をしてみましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは一般カードでありながら、ボーナスマイル制度もしっかりとあります。新規入会時に1,000マイルがプレゼントしてもらえるのです。さらに、カードを継続するたびに1,000マイルの獲得も可能です。そして、登場するたびに区間基本マイレージがプラス10%されるんですよ。マイルも比較的貯まりやすいカード、となっているわけです。

また、対象商品の決済にカードを利用するとポイントとは別に100円あたり1マイルか200円あたり1マイルが獲得できます。普段おカード利用でも、マイルが獲得できるチャンスが有るわけです。

アメックスカードなので、しっかりと保険系のサービスも付帯しています。海外旅行傷害保険は利用付帯ですが、最高で3,000万円。国内旅行保険も利用付帯ですが、最高で2,000万円ついています。出張や旅行をする機会が多い、という方には無くてはならないクレジットカードですよ。

■ANAカードのゴールドも見逃せない!マイルも貯まる!ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAカードでマイルが貯まるものとしてゴールドカードもあります。ゴールドカードはサービスも充実しています。一般カードよりもゴールドカードを利用したい、というかたも多いのではありませんか。

今回は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについて紹介します。果たして、どんな特徴を持っているのでしょうか。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですが、実は年会費がかなり高くなっているんです。年会費は33,480円となっています。初年度から30,000円を超える年会費がかかってくるので注意して対応しなければなりません。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは入会時に2,000マイル、継続時に2,000マイルが獲得できるカードです。さらに、区間基本マイレージに関してもプラス25%の設定となっているんです。沢山のポイントを一度に獲得できる、といった素晴らしい特徴を持っているわけです。

保険サービスについても確認しておきましょう。海外旅行傷害保険美関しては、最高で1億円となっています。自動付帯で5,000万円となっており、利用付帯でさらに5,000万円が上乗せされます。国内旅行保険もショッピング保険ももちろんしっかりとついていますよ。

■ステータス性抜群ANAカード!マイルも貯まっちゃう!ANAダイナースカード

マイルが貯まりやすいANAカードですが、少しでもステータス性があるものを利用したい、という方もいるのではありませんか。やっぱりカードでも良いものを利用すると、気分が変わってくるものですよね。

そのステータス性があるANAカードですが、ANAダイナースカードです。国際ブランドに、あのダイナースクラブカードがついてくるわけです。高級店での決済に適したカードとなっており、実際に多くの方から注目を集める存在です。

ANAダイナースカードの年会費はさすが、と言えるかもしれません。29,160円となっているのです。初年度から30,000円弱の年会費がかかってきます。

ボーナスマイルにも目を向けましょう。
入会時のボーナスマイルは2,000マイルとなっており、継続時のボーナスマイルに関しても2,000マイルとなっています。さらに、区間マイルに関してもプラス25%の設定となっているんですよ。
通常のショッピング電もマイルが溜まる可能性もあり、その場合は、100円につき1マイルが獲得できます。さらに電子マネーのEdyチャージでも、200円につき1マイルが獲得できるんです。

マイルをたくさんためたい、という方には欠かせないのがANAダイナースカードなのです。

■ANAカードのワイドゴールドカードの年会費って高いのかなぁ?

ANAカードの中でも注目をされているのが、ANAカードのワイドゴールドカードです。ろいようをき棒している方も多いと噂されているのですが、まずはその中身を知る、ということから始めてみませんか。実は素晴らしい特徴がいくつもあるんです。

このサイトでは、ANAカードのワイドゴールドカードの特徴を一つずつ解説していくので、理解を深めるのに役立ててもらえたらうれしいです。

・ANAカードのワイドゴールドカードの年会費について

年会費は15,120円の設定となっています。初年でから15,120円かかってっきます。2年目以降も15,120円の設定となっています。
ゴールドカードとしては、平均からやや高めの年会費設定、といっても過言ではありません。

ちなみに、年会費には優遇システムもあります。例えばWEB明細サービスを利用した場合には、1,080円の割引になります。またマイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上利用すると、さらに3,780円の割引になります。
最大で年会費は4,860円引きとなり、10,260円で利用できるわけです。
ANAカードのワイドゴールドカードの利用を考えている方は、少しでも年会費が低くなるように対策をたてましょう。

・ETCカードの費用

ETCカードも発行できるのですが、540円かかってきます。費用がかかる、ということは理解して申し込んでください。

■ポイントもマイルも!あの楽天とコラボしたANAカード!楽天ANAマイレージクラブカード

ポイント獲得とマイル獲得に特化した素晴らしいクレジットカードがあります。そのクレジットカードですが、楽天ANAマイレージクラブカードというんですよ。では、実際にその楽天ANAマイレージクラブカードとは一体どのようなものなのでしょうか。確認してみましょう。

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルと楽天スーパーポイントが貯まるカードなんです。そしてどちらのポイントが貯まるのか、ということを選択できます。ANAマイルをためたい場合には、ANAマイルコースを選択してください。楽天スーパーポイントをためたい場合には、楽天スーパーポイントコースを選択しましょう。
ちなみに申込後であったとしても、コース変更は随時受け付けているので安心してくださいね。

楽天Edyがついている、といったメリットにも注目です。電子マネーもしっかりと活用できるカードなので、実際に非常に人気が高くなっているわけ。
さらに、楽天ポイントカード機能もあるので、掲示するだけでポイントが貯まる、といったメリっともあるんです。1ポイントあたり1円相当として楽天ポイント加盟店の支払に利用できますよ。
気になった方は、積極的に楽天ANAマイレージクラブカードの利用を考えてみましょうね。

■アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードもおすすめ

アメックスは旅行に強いサービスを行ってるクレジットカードです。
そんなアメックスから発行されているのが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードです。
世界中ととびまわるにはおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは100円に1ポイントを獲得することができます。
1,000ポイントを1,000マイルに交換することができます。
対象となる航空マイルは現在15社。
ANAマイルに交換することも可能です。

アメックスのクレジットカードは登録料を支払いメンバーシップ・リワード・プラスの登録をすることで、100円で1マイルを貯めることができます。
しかしアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録なしで1ポイント=1マイルでの移行が可能になります。
またポイントは無期限なので、失効する心配もありません。
ただマイルへの移行時は手数料不要なのですが、ANAマイルへの交換は年間税別5,000円が必要となります。
ANAマイルへの移行は、ちょっと損をしてしまう感じがありますね。
それでもANAカードよりも、効率的にANAマイルを貯めることも可能なのでおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、対象航空会社の航空券などを購入するとポイント3倍になるスカイ・トラベラー3倍ボーナスがあります。
100円で3ポイントが獲得できるので、航空券をよく購入するならポイントはたまりやすいでしょう。

そしてアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、ボーナスポイントシステムもあります。
新規入会をすると3,000ポイントがプレゼントされます。
入会後1年以内の航空券購入などでは初回に5,000ポイント、継続すると毎年1,000ポイントがもらえます。
ボーナスポイントだけでも、相当数のマイルを貯めることができるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、年会費税別10,000円です。
アメックスは年会費が高く、グリーンカードでも税別12,000円となります。
アメックスにすると、比較的お手ごろな年会費のクレジットカードです。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのポイントは、マイルへの移行以外にも使い道があります。
1ポイント=1円相当で、旅行の代金に充てることも可能です。