■ANAカードワイドカードの年会費

クレジットカードでまずチェックをするのは、年会費ではないでしょうか。
ANAカードはヤング向けや学生用を除き、すべて年会費有料となります。
ANAカードのワイドカードは、どのくらいの年会費なのでしょうか。

ANA VISAワイドカード、ANAマスターワイドカード、ANA JCBワイドカードとも、年会費は7,250円(税別)となっています。
家族会員は1,500円(税別)です。

ANA VISAワイドゴールドカード、ANAマスターワイドゴールドカード、ANA JCBワイドゴールドカードは、年会費14,000円(税別)、家族会員4,000円(税別)です。

どのブランドを選んでも年会費は同じですが、年会費はワイドゴールドカードがワイドカードの2倍となっています。
ワイドゴールドカードの方が、年会費負担が大きいと言えるでしょう。

実はANAカードには、年会費を実際より低くする方法があります。
まずはANAカードのVISAかマスターカードを選びましょう。
そして利用代金WEB明細書サービスに登録をします。
これだけでワイドカードの年会費は6,750円(税別)、ワイドゴールドカードの年会費は13,000円(税別)にすることができます。
さらにマイ・ペイすリボに登録をするとワイドカードの年会費は6,275円(税別)、ワイドゴールドカードの年会費は10,500円(税別)になります。
マイ・ペイすリボに登録することにより家族会員の年会費も割引となり、ワイドカードは975円(税別)、ワイドゴールドカードは2,500円(税別)になります。
これでかなり年会費の負担を下げることができるでしょう。

利用代金WEBサービスに登録するのはカンタンかと思います。
パソコンやスマホがあれば明細を確認できますので、「どうしても紙の明細書が欲しい!」という人はもうほとんどいないのではないでしょうか。
VISAかマスターカードを選んでさえおけば誰でもANAカードの年会費は下げることができるでしょう。
マイ・ペイすリボはリボ払いとなってしまいますので、リボにするくらいなら年会費を下げなくても良いという人もいます。
それでも良いのですが、少しでも年会費負担を減らしたいならマイ・ペイすリボにも登録をしておきたいところでしょう。
リボの支払い回数が多くならないよう、毎月の支払い金額を高めに設定して利用するのがおすすめです。
極力リボ手数料を抑えるように、ANAカードを使うようにしてください。

■ANAカードワイドカードのポイントシステム

ANAカードは利用するとANAマイルがたまるのではなく、各クレジットカード会社のポイントがたまります。
そのポイントをANAマイルに移行して、マイルを貯めるというシステムです。
ANA VISAワイドカード、ANAマスターワイドカードは、三井住友VISAカードのポイントである「ワールドプレゼント」、ANA JCBワイドカードはJCBカードのポイントである「OkiDokiポイント」がたまるようになっています。
これはANAワイドゴールドカードも同じです。

ポイントは1,000円の利用に1ポイント付与となります。
1回に1,000円以上使わないとポイントがもらえないのではなく、1か月の利用金額を合計して1,000円ごとに1ポイントが付与されます。
少額の利用でも1,000円分になれば、ポイントを獲得することができるようになっています。
ポイント付与率などはワイドカードもワイドゴールドカードも同様となっています。
ゴールドカードだから付与率が上がるということはありません。

ただ年間利用金額により、ポイント還元率を上げることができます。
VISAとマスターカードは年間利用金額が50万円以上利用すると、利用金額によりボーナスポイントの付与があります。
ワイドカードは年間利用金額50万円~100万円は50万円利用(V1)で+50ポイント、以降10万円ごとに+10ポイント、100万円~300万円(V2)は50万円利用で+75ポイント、以降10万円ごとに+15ポイント、300万円以上(V3)は50万円利用で+150ポイント、以降10万円ごとに+30ポイントが獲得できます。
ワイドゴールドカードはV1で50万円以上で+100ポイント、以降10万円ごとに+20ポイント、V2は50万円以上+150ポイント、以降10万円ごとに+30ポイント、V3は50万円以上+300ポイント、以降10万円ごとに+60ポイントとなります。
またリボ払いに設定しリボ手数料が発生した場合は、ポイントが2倍になります。

JCBは年間利用金額50万円~100万円で10%アップ、100万円~300万円で20%ポイントがアップします。
ワイドカードはここまでですが、ワイドゴールドカードになると300万円以上で25%ポイントがアップします。

年間利用金額が高くなるほど、ANAカードはポイントを貯めやすくなります。
ボーナスポイントを考えると、ワイドカードほりワイドゴールドカードの方がポイントはたまりやすいとなります。

■ANAカードワイドカードのマイル移行手数料

ANAカードはたまったクレジットカードポイントを、ANAマイルに移行しなければなりません。
ワイドカードは5マイルコースと10マイルコースがあります。
5マイルコースは1ポイント→5マイルとなり、移行手数料は無料です。
10マイルコースは1ポイント→10マイルとなり、移行レートは良くなりますが以降手数料が必要になってしまいます。

ワイドカードのマイル移行手数料はANA VISAワイドカードとANAマスターワイドカードは、6,000円(税別)となります。
ANA JCBワイドカードは5,000円(税別)。
ANAカードのマイル移行手数料は移行のたびに必要となるのではなく、年間の金額となります。
もし年間一度もポイントをマイルへ以降しないとなると、移行手数料はかかりません。

ワイドカードの場合、移行手数料を節約したいならVISAやマスターカードよりJCBを選ぶのが良いとなるでしょう。
JCBの方が1,000円ほど安くなっており、移行手数料を節約できます。

ワイドゴールドカードは5マイルコースはなく、1ポイント→10マイルとなります。
ワイドゴールドカードの良いところは、移行手数料が必要ないことです。
1ポイント→10マイルの移行レートでも、無料でマイルにすることができるのです。
これならいつでも好きな時に、ポイントをマイルに移行できるのではないでしょうか。

ANAカードのクレジットカードポイントには有効期限があります。
ANAワイドカードは2年間ですが、ワイドゴールドカードは3年間となっています。
VISA、マスターカード、JCBとも、同じ有効期限となっています。
ANAマイルの有効期限は3年間ですから2年間寝かせたポイントをマイルに移行したさい、ワイドカードは最長5年間、ワイドゴールドカードは最長6年間で使いきることが必要です。
ワイドカードよりワイドゴールドカードの方が有効期限が長くなりますので、じっくりポイントをためられるメリットが出てくるでしょう。

ANAカードはワイドカードとワイドゴールドカードでは、年会費に大きな違いがあります。
ワイドゴールドカードにこれくらいの優遇がないと、高い年会費を支払ってまでゴールドカードにする必要はない、ワイドカードで十分と思われてしまう可能性があります。
ANAカードのポイントをマイルに移行しやすい方が良いというなら、ワイドカードよりワイドゴールドカードがおすすめとなるでしょう。

■ANAカードワイドカードのボーナスマイル

ANAでのフライトをするなら、ANAカードは持っておいた方がよいです。
フライトによるボーナスマイルの付与があるためです。
ANAワイドカードとワイドゴールドカードは、入会時に2,000マイルプレゼントがあります。
ANAカードに入会するだけで、一気にマイルを獲得できるのはお得です。
また継続ボーナスとして、毎年2,000マイルが付与されます。
ANAカードを持っているだけで、毎年必ず2,000マイルを獲得できるわけです。
JALカードの継続ボーナスは、毎年初回に搭乗した時に付与されます。
1年に1度もJALでフライトをしなければ、継続ボーナスはもらえまえん。
しかしANAカードは、フライトをしなくても継続マイルをもらうことができるシステムです。
この点はJALカードより、ANAカードの方が良心的と言えるでしょう。

そしてANAワイドカードとワイドゴールドカードは、区間マイルに対してのボーナスもあります。
区間マイルプラス25%が加算されますので、フライトでもよりマイルを獲得できます。

ANAカードのボーナスマイルは、ワイドカードもワイドゴールドカードも同じ付与数となっています。
ゴールドカードだと高いのかと思いますが、そんなことはないようですね。

ただワイドゴールドカードには、ANAプレミアムメンバーになると特別ボーナスマイルとして2,000マイルの付与があります。
ワイドゴールドカードの継続マイルとは別に付与されますので、合計で4,000マイルも獲得できることになるのです。

ANAプレミアムメンバーはダイヤモンド、プラチナ、ブロンズがあります。
ダイヤモンドは年間10,000プレミアムポイント以上うちANAグループフライト利用分が50,000ポイント以上、プラチナは年間50,000ポイント以上うちANAグループフライト利用分が25,000ポイント以上、ブロンズは年間30,000ポイント以上うちANAグループフライト利用分が15,000ポイント以上、または年間30,000ポイント以上でかつANAゴールドカードかANAカードプレミアムを所有している人となります。
ポイントはスターアライアンス加盟航空会社の搭乗により付与されます。
ブロンズ会員の条件なら、比較的クリアしやすいでしょう。
ANAでのフライトが多いなら、ワイドカードよりも特別ボーナスマイルがもらえるワイドゴールドカードの方がマイルをためられお得になりそうです。

■ANAカードワイドカードの旅行保険

ANAカードには、旅行保険が付帯しています。
一般カードでも海外旅行保険が付帯しており、さすが航空系のクレジットカードと言う感じです。
ただANAカードは一般カードですと、死亡や後遺障害時しか補償がされない海外旅行保険となり補償が充実しているとは言えません。
旅行保険を充実させたいならワイドカードやワイドゴールドカードを発行する必要があるでしょう。

ワイドカードの海外旅行保険は、最高5,000万円となり自動付帯となります。
傷害や疾病治療は最高150万円、賠償責任最高2,000万円、救援者費用最高100万円、携行品損害最高50万円の補償内容です。
ワイドカードになると、傷害や疾病治補償があるのがポイントです。
海外旅行保険を使う機会が多いのは、死亡や後遺障害よりも傷害や疾病治療費です。
金額はそれほど高くはありませんが、しっかり治療費が補償されるので安心できるでしょう。

またANAカードには国内空港保険も自動付帯されています。
ワイドカードは死亡・後遺傷害最高5,000万円、入院1日10,000円、手術最高40万円、通院1日2,000円の補償内容です。

ワイドゴールドカードは、発行元により補償内容に違いがあります。
ANA JCBワイドゴールドカードの海外旅行保険は、自動付帯で最高5,000万円、傷害や疾病治療最高300万円、賠償責任最高1億円、救援者費用最高400万円、携行品損害最高50万円となります。
ただANA JCBワイドゴールドカードで旅行代金の支払いをすると、最高1億円の補償となります。
また生計を共にする19歳未満の子どもも、補償の対象となります(補償金額は異なります)。

そしてワイドゴールドカードになると、国内旅行保険も自動付帯します。
最高5,000万円、入院1日5,000円、手術最高20万円、通院1日2,000円です。
国内航空保険も付帯しています。

ANA VISAワイドゴールドカードとANAマスターワイドゴールドカードの海外旅行保険は、自動付帯で最高1,000万円、傷害や疾病治療最高300万円、賠償責任最高500万円、救援者費用最高500万円、携行品傷害最高50万円です。
ANA VISAワイドゴールドカードやANAマスターワイドゴールドカードで旅行代金を支払うと、最高5,000万円の補償となります。
家族特約も付帯しています。
国内旅行保険や国内航空保険は、JCBワイドゴールドカードと同様です。

ANAカードはワイドカードよりもワイドゴールドカードの方が、補償内容は充実していますね。