■ANAカードの年会費の違いとは

ANAカードはいくつかあるわけです。
こちらでは、

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

の3つについて違いを明らかにしていきます。

どのANAカードを利用していったらいいのか悩んでいる、という方に有用な情報を提供していきます。

まずは、年会費に違いについて明らかにしますね。どのカードがお得で、どのカード年会費が高いのでしょうか。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・7,000円+消費税
・ANA VISA/Master 一般カード・・・2,000円+消費税
・ANA VISA Suicaカード・・・2,000円+消費税

アメリカン・エキスプレス・カードは、やはりステータス性があるクレジットカードなので、年会費についてはかなり割高になっています。だからといって悪いカードではありません。単に、年会費は不利な設定になっているだけなのです。

ちなみに、アメリカン・エキスプレス・カード以外に関しては、年会費を安く済ませる方法もあるので注目です。例えば、WEB明細書サービス利用をすると年会費が500円も割引になるのです。さらに、マイ・ペイすリボ登録+年1回以上利用するとさらに年会費が割引になります。年会費を抑えたい、という方はアメックスカード以外の利用を検討しましょう。

■ANAカードのマイル付与レートの違いとは

ANAカードはマイルが獲得できるカードとしても有名です。マイルをたくさんためたい、という方には欠かせないカード、といっても良いかもしれません。しかし、マイルの付与についても違いがあるかもしれませんよね。

こちらでは、

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

の3つのカードのマイル付与について解説します。
どのカードのマイル付与率が良くって、どのカードのマイル付与率が悪いのでしょうか。確認していきましょう。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・100円につき1マイル
・ANA VISA/Master 一般カード・・・100円につき0.5マイルから1マイル
・ANA VISA Suicaカード・・・100円につき0.5マイルから1マイル

マイルの付与レートに関しては、ANA アメリカン・エキスプレス・カードのほうが有利な設定となっています。少なくても100円につき1マイルの付与となっているので、非常に効率的にマイルが獲得できる、といった特徴があるわけです。

確かに、ANA アメリカン・エキスプレス・カード・は年会費が高いカードですが、使えば使うほど効率的にマイルが貯まるので、結果的にはオトクなカードになる可能性もあるわけです。

■ANAカードのマイル有効期限の違いとは

ANAカードでマイルを貯めていると、気になっているのがマイルの有効期限です。最近では、クレジットカードのポイントも無期限タイプも出てきましたが、マイルには有効期限がある、遠いうイメージですよね。マイルを執行させないためにも、カードを取得する前にそういった知識はしっかりと見に付けておきたいところ。

今回は、

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

の3つのANAカードのマイルの有効期限の違いに目を向けます。有効期限は一緒なのでしょうか。それとも違いがあるのでしょうか。確認してみましょう。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・3年間
・ANA VISA/Master 一般カード・・・3年間
・ANA VISA Suicaカード・・・3年間

マイルの有効期限ですが、樹嘔気した3つのカードでは違いがありませんでした、どのカードを利用したとしても。3年間となっているのです。

3年間の有効期限ですが、長いとも短いとも言えません。まずまずの有効期限、と言っても良いでしょう。ただし、中には失効させてしまっている方もいるので十分に気をつけなければなりません。せっかくためていたマイルを失効してしまう、ということは悔やんでもくやみきれないことになってしまいますよ。

■ANAカードの旅行保険の違いとは

ANAカードを利用している方の中には、頻繁に旅行している、というかたも多いのではありませんか。特に海外旅行が好き、という方が、ANAカードを利用している割合が実際に高くなっているのです。

そこでチェックしておきたいのが。カードの旅行保険です。

今回は、

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

上記の3つのカードの旅行保険の違いに目を向けてみることにします。実際に旅行保険には何らかの違いがあるのでしょうか。それとも同じ内容になっているのでしょうか。確認していきましょう。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・海外旅行保険3,000万円、国内旅行保険2,000万円
・ANA VISA/Master 一般カード・・・海外旅行保険1,000万円、国内旅行保険1,000万円
・ANA VISA Suicaカード・・・海外旅行保険1,000万円、国内旅行保険1,000万円

さすがアメリカン・エキスプレス・カード、といった感じでしょうか。アメリカン・エキスプレス・カードは一つ上の保証内容となっているのです。旅行先で何かあったとしても十分にカバーできる金額です。もちろん不測の事態、というのは起こってほしくはありませんが、もしものときにはやはり手厚い保険サービスがついているカードを利用したいですよね。

■ANAカードのショッピング保険の違いとは

クレジットカードを利用するということは、ショッピング利用も行おうと検討している方がほとんどでしょう。ショッピング利用で注意しておきたいのが、ショッピング保険です。しっかりとしたショッピング保険が備わっていると、安心して買い物ができるようになります。もしも買い物で問題があったとしても、しっかりと補償してくれるわけです。

こちらでは以下の3つのANAカードのショッピング保険の違いについて明らかにします。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

どのカードもとても人気なのですが、どのショッピング保険が最も手厚い内容となっているのでしょうか。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・200万円
・ANA VISA/Master 一般カード・・・100万円
・ANA VISA Suicaカード・・・100万円

さすがアメリカン・エキスプレス・カード、と言っても良いかもしれません。他の二つのカードに比べて倍の保証内容となっているのです。高額な買い物をしたとしてもしっかりと補償してくれるので、高い買い物も安心して行える、といった特徴があります。

もちろん、残りの二つのカードの100万円の補償金額も低いわけではありません。まずまずの保証内容といっても良いです。

■ANAカードのETCカードの違いとは

クレジットカードの追加カードとして極めて高い人気となっているのが、ETCカードです。自動車ユーザーにとっては欠かせないものなのですが、実はカードによってETCカードの対応が異なってくる、ということは知っているでしょうか。年会費が異なっていることも多いんです。

こちらでは3つの人気のANAカードについて、ETCカードにはどのような対応をしているのか、ということについて明らかにします。
ETCカードの対応の違い、ということを理解しておくことは極めて需要なことですよ。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/Master 一般カード
・ANA VISA Suicaカード

上記の3つのカードについて詳しくお話していきますね。

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード・・・年会費525円
・ANA VISA/Master 一般カード・・・年会費無料
・ANA VISA Suicaカード・・・年会費無料

アメリカン・エキスプレス・カードに関しては、年会費は525円の対応となっています。ただし、条件付きで無料になることもあるので、無料で利用することも可能ですよ。一方で、残りの二つのカードに関しては、年会費無料で利用できる、といった特徴を持っているわけです。
少しでも低い年会費でカードを利用したい、と思っている方には欠かせない存在、と言ってもよいのではないでしょうか。ETCカードで年会費をかけたくないのであれば、ANAカードであれば一般カードかSuicaカードを選択すべきです。

これまで見てきたように、ANAカードとひとまとめに言っても、ブランドや発行会社毎にそれぞれ異なる特徴を持っています。どのカードが最もおすすめと言えるかは、利用者が普段良く使うお店や電車などの周辺環境によって違ってくるので、どれがおすすめか、というのはなかなか言い切れません。もちろんそれはANAカードに限った話ではなく、クレジットカード全体に言えることですが。

ANAカードにこれから入会しようと思っているなら、選び方としては、まずマイルの貯まりやすさ、貯めやすさを重視すると良いでしょう。ANAカードはどこのお店で利用しても最大100円で1マイルとなります。さらに電子マネーへのチャージなどを組み合わせることで、より多くのマイルを貯めることができます。

ここまでの情報は一旦置いておいて、ANAマイルを貯めるという点で言えば、ANAカード以外にもおすすめしたいカードがあります。それはアメックスが発行しているスカイトラベラーカードです。このカードはANAカードではないので、搭乗時のボーナスマイルなどは貯まりませんし、カード利用でたまったポイントを手動でANAマイルに交換しなければいけません。それでもおすすめしたい理由は、全日空の航空券を公式サイトからこのカードで購入すると、100円で3マイル貯まるからです。上位カードのスカイトラベラー・プレミアなら、100円で5マイルまで貯まります。また、このカードの利用で貯まったポイントは有効期限が無期限なので、好きなタイミングでANAマイルに交換できます。

さらに、実はこのカードのポイントで交換できるマイルはANAマイルだけではありません。デルタ航空のスカイマイルやブリティッシュエアウェイズのエグゼクティブクラブなど、全部で15社のマイルにも交換できます。ANA以外のマイルにも交換できるため、ANA以外にも様々な航空会社を利用している方や、有効期限を気にせず貯めたポイントを各社のマイルに変えて、世界各地を特典航空券で旅行するのも良いでしょう。また、ポイントの貯まり方も、ANA航空券以外にも26社の航空券の購入でも3倍のポイントが貯まります。一般加盟店での利用でも100円で1マイルのレートなので、普段使いにも良いかもしれませんね。

つまり、航空券の購入にかんしては通常のANAカードよりも多くのマイルが貯まるため、航空券購入時にはスカイトラベラーを使うべきなのです。もちろんANAカードも持っていれば、ANA便の登場でボーナスマイルが貯まるため、究極的に言えばANAカードとスカイトラベラーの2毎持ちがベストと言えます。スカイトラベラーの年会費は1万円で、プレミアともなると3万円以上になりますが、それでもこれだけ高いレートでANAマイルが貯まるのであれな、入会を検討するには十分でしょう。

おすすめなのは年会費を1,000円以下に減額できるANA VISA Suicaカードとスカイトラベラー・プレミアの2枚持ちです。普段はANA VISA Suicaを使ってコツコツマイルを貯め、ANA便に搭乗するときにはスカイトラベラー・プレミアで効率よくマイルを貯めましょう。