■あなたは選んでる?ANAカードのゴールドクラス

ANAのマイルが貯まるクレジットカードは多数ありますがその中でもANAカードでなおかつゴールドであれば特にマイルが貯まるようにクレジットカードのサービスが提供されています。やはり航空系のクレジットカードですので飛行機に乗ることによってマイルを貯めることを意識しているのかと思いきや、意外とそういうことは無く様々な手法でマイルを貯めれるような設計がされています。

たとえばANAカード以外の別の航空系クレジットカードでは搭乗回数に応じてボーナスが与えられるような仕組みをとっています。航空会社が発行しているクレジットカードですのでもちろんフライトでボーナスが付くのはおかしなことではありません。ですが、フライトでしかマイルが貯まっていかないようなクレジットカードは使用できる人が限られてしまうのではないかと考えています。日ごろから航空機を利用する人はあまり多くなく、それ以外の支払いでもマイルが貯まるANAカードのゴールドが人気が高まっていくでしょう。ANAカードにフライトに関するボーナスが無いかと言われるとそうではありませんがゴールドカードを使うのであればその還元率を使ってマイルを貯めることを意識していきましょう。

ANAカードのゴールドが他のクレジットカードよりも選ばれる理由として他に考えられるのは年会費や手数料を加味した金額とマイルへの交換率の割合がバランスよいということも考えられます。ANAカードのゴールドより下のクラスではマイルへ交換するために手数料が2000円必要となるなど活用するには年会費以外の費用も発生してしまいます。年会費ばかりに注目せずに実質的な費用を検討した場合にはゴールドが一番バランスよく作られていると考えられます。マイルの交換手数料は各社高めに設定されていますので年会費だけに気をとられてはいけません。

ANAカードのゴールとはANAマイルを貯めれるクレジットカードの中では非常にバランスが良いものだと感じています。年会費は14000円と少し高い気もしていますが、多くのクレジットカードでは年会費の他に交換手数料が発生することを加味すると妥当な金額とも思えます。カードの国際ブランドも様々選択できますし、どのブランドを選択しても独自のゴールドカード向けサービスを受けることが出来ます。マイルを十分に貯めながらもカード付帯サービスにも満足できるのはANAカードの中でもゴールドなのではないでしょうか。

■ANAカードのワイドゴールドカードのボーナスマイルが気になる!

ANAカードと言えば、ボーナスマイルが気になりますよね。入会時に何マイルもらえるのか。さらに、継続時に何マイルもらえるのか、ということはカードごとに決まっているわけです。

今回は、ANAカードのワイドゴールドカードのボーナスマイルに関する情報を発信します。少しでもお得にマイルを獲得していきたい、と考えている方は必見ですよ。

・ANAカードのワイドゴールドカードのボーナスマイルとは?

まずは入会時にどれだけのマイルが貰えるのかを知りたいでしょう。にゅうかいぼーなsうマイルに関しては、2,000マイルとなっています。さらに、継続時に2,000マイルのボーナスも貰えます。
基本的に毎年2,000マイルが獲得できる、といった特徴がANAカードのワイドゴールドカードにはあるわけです。

・区間基本マイレージボーナスあり

区間基本マイレージにプラス25%のマイルが獲得できます。ANAで移動することが多い、という方には、たくさんのマイルをゲットできるチャンスがたくさんあるわけです。

・Edyのチャージでもマイルの獲得可能

ANAカードのワイドゴールドカードには、電子マネーサービスのEdyもしっかりとついているのです。ですから、そのEdyへのチャージでもマイルが獲得できる、ということは知っておかなければなりません。200円につき1マイルが獲得可能です。

■ANAカードのワイドゴールドカードって保険サービスも充実してるって知ってた?

クレジットカードですが、やはり保険サービス、というものが気になると思うんです。カードを利用すると、不安なこともたくさんありますよね。一方で、我々に安心を与えてくれるのもカードの役割なんです。

今回は、ANAカードのワイドゴールドカードの保険サービスについて明らかにしていきます。実際にどんな特徴があるのでしょうか。

・ANAカードのワイドゴールドカードの旅行保険お中身とは?

国内旅行傷害保険は最高補償額が5,000万円となっています。かなりの高額の補償を国内でもしてくれるわけです。国内旅行を頻繁に行っている、という方にはかなりおすすめのカード、といっても過言ではありません。
さらに、海外旅行傷害保険もしっかりとついています。こちらに関しても、最高で5,000万円の海外旅行傷害保険がついています。国内旅行も海外旅行も、両方ともしっかりと楽しめる、といった特徴がANAカードのワイドゴールドカードにはあります。

・ANAカードのワイドゴールドカードのショッピング保険

ANAカードのワイドゴールドカードにはもちろんショッピング保険がついています。年間で300万円の設定となっているので、かなり有利な金額、といっても良い額です。安心して買い物ができますよ。

■ANAカードのワイドゴールドカードのポイント還元率とは

クレジットカードは、以下にポイントを獲得していくのか、ということが極めて重要になります。やはり現金払いと違って、ポイントが獲得できる、という部分はクレジットカードの最大の魅力なのです。

では、実際にANAカードのワイドゴールドカードのポイント還元率はどの程度になっているのでしょうか。確認していきましょう。

・ANAカードのワイドゴールドカードの通常のポイント還元率

0.5%の設定となっています。クレジットカードとしては、それほど有利な率とは言いにくいです。一般的なポイント還元率であり、少し不利とも言えるかもしれません。

いっぽうで、注目してほしいのがANAカードのワイドゴールドカードではたくさんのポイントをゲットできるチャンスがあります。例えば、国内加盟店や海外加盟店での利用だけでポイントが獲得できるわけではありません。電子マネーサービスのiDを利用したときにもポイント獲得が出来るわけです。
しかも、携帯iDを利用した時もポイントの獲得が実際に可能です。

電子マネーサービスのiDを普段から利用している、という方はぜひANAカードのワイドゴールドカードでの利用を考えてみましょう。きっと今まで以上にお得な買い物ができるようになりますよ。

■ANAカードのワイドゴールドカードの割引サービス

クレジットカードには、カード特典、と呼ばれているものが用意されています。しかし、多くの方がその特典を有効活用していません。せっかく素晴らしい特典があるのですから、しっかりと使いこなしていくことが重要なのです。

今回はANAカードのワイドゴールドカードの割引サービスについて迫ります。実際にどのンア割引サービスが用意されているのでしょう。

・ANAカードのワイドゴールドカードの割引サービスがこれだ!

ANA国際線全路線で、運賃が割引になる、といった特典があります。ただし、割引率に関しては、時期や路線によっても異なっているので注意してください。事前に確認しておきましょう。

また、ANA国際線などでの機内販売についても割引の設定となっているんです。10%オフで購入できる、といった特徴もあるので、機内塩梅を利用する予定がある方はANAカードのワイドゴールドカードの利用を検討しましょう。

ANAスカイホリデー・ハローツアー・ANA SKY WEB TOURの利用についても割引特典があります。ツアー商品が5%オフで利用できるチャンスが有るわけです。仮に100,000円おツアーを購入した場合には、5,000円の割引が受けられるわけです。かなり大きな金額、といっても過言ではありませんよね。

■ANAカードのワイドゴールドカードの入会資格と発行期間

クレジットカードを利用するためには、まずは審査に突破しなければなりません。審査に突破できないようなことがあると、どんなに利用したいと思っても利用はできないわけです。

こちらでは、ANAカードのワイドゴールドカードの入会資格についてお話します。さらに、カードが発行されるまでにはどれくらい時間がかかるのか、ということも併せて解説していきますね。

・ANAカードのワイドゴールドカードの入会資格とは?

ANAカードのワイドゴールドカードに入会するためには、まずは満30歳以上であることが求められます。さらに、本人に安定継続した収入があることも必要です。

注目してほしいのが年齢です。クレジットカードの奥は20歳以上で申し込みが出来るのですが、ANAカードのワイドゴールドカードの場合は30歳です。年齢が高いということはそれだけ審査が厳しい、ということでもあるので注意しましょう。

・ANAカードのワイドゴールドカードの発行期間とは?

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行に口座を持っている方のみ、2週間程度でカードの取得が可能です。一方で、上記以外の金融機関口座を持っている場合には3週間程度かかってしまうので注意してくださいね。

少なくてもカードが手に入るまでには2週間はかかるので、すぐには所持できないタイプのカードです。

■ANAカードのゴールドにはデメリットがないか!?

近年人気が非常に高まっているANAカードの中でもゴールドに分類されるANAワイドゴールドカードですがこちらのカードのデメリットはあるのでしょうか。メリットを解説しているWebサイトなどは多くありますが、デメリットを考察しているところはあまり多くありません。実際にデメリットは無いのでしょうか、それとも取り扱われてないだけなのでしょうか。今回は私が思いつくポイントでデメリットがあるのか無いのか考察してみたいと思います。

一つ目の考察ポイントとして年会費や維持費があります。ゴールドに分類されるANAカードの年会費は14000円+税となっています。ゴールドカードといえども安いものでは3000円ほどで発行されているものがあり、相場としても10000円となっていますので少し高い印象を受けてしまいます。またゴールドではなく一般の年会費が2000円+税であることも加味するとゴールドの年会費は7倍となっておりその価格差から躊躇してしまう人も居るでしょう。年会費の高さは一見するとデメリットには見えますがゴールドカードでは一般のANAカードには付帯されていないマイルの無料交換サービスがあります。ポイント移行手数料を考慮した一般ANAカードの年会費は4000円+税となっておりこうみるとゴールドカードの年会費は3.5倍となりますのでまだ許容範囲のようには思えてきます。ただ、どちらにせよしっかりとマイルを貯めるために利用しなければ年会費の高さが若干のデメリットになってしまう可能性はあります。

二つ目は入会条件です。国際ブランドをJCBに設定すれば20歳以上から申し込みが可能ですが、VISAやMasterCadeは依然として30歳以上が審査に通りやすい状況が続いています。ただ、以前のように必須の条件ではなくある程度別の条件で審査はカバーできるようですので大きなデメリットとはいえなくなってきています。30歳というのは昔のゴールドカードが一般的に30歳以上を対象としてきたことの名残でしょう。今となっては学生ではない20歳からゴールドカードも申し込めることが増えてきたのでANAカードもこれに追従する形で入会条件の緩和を進めています。今は多少のデメリットではありますが、今後このデメリットはなくなると見込んでも良いでしょう。

ANAカードのゴールドは確かに取り上げるほどのデメリットは無いのかもしれません。年会費もキャンペーンを活用すれば安く済ませることが可能な場合もありますのでマイルを積極的に貯めるのであればデメリットは無いと思っていても良いでしょう。